NEWS

お知らせ

2021年12月01日

酵素風呂による好転反応とは?

酵素風呂に入ると好転反応と言われる症状が出る場合があると言われています。

 

そこで好転反応とは何かご紹介します。

 

酵素風呂に入ると好転反応により眠くなることがあります。

 

酵素風呂による好転反応とは?

酵素風呂というと、好転反応という言葉を耳にした事があるかと思いますが、
好転反応とは聞きなれない言葉かもしれません。

簡単に言うと、好転反応とは、酵素浴での自然治癒力によって、健康な身体を取り戻す過程で様々は症状が現れること事をさします。

まれに、酵素浴のあと、赤いブツブツ(発疹のようなもの)が出てくることがあります。

酵素風呂後に赤い斑点?!

酵素浴に入ると血流が良くなり、体温が上昇します。

米ぬか酵素風呂に入られ、回数を重ねると、身体に「湿疹・皮膚の赤み・下痢(便秘)・頭痛・倦怠感」などあらゆる症状および体調不良が現れることがあります。こんな症状を「好転反応」といいます。

『好転反応』は人それぞれです。
【体の痛み、倦怠感】
慢性病で鈍っていた神経が、身体を温めた事で活性化した為に起こります。

【湿疹】
体内に溜まっていた毒素が皮膚に出てきた為に起こる湿疹です。

【お腹の緩み】
体内毒素の排泄の過程で起こります。

好転反応は、身体の元々悪い所が一時的に更に悪くなるような現れ方をします。

疲れが溜まってるな…と感じた時の入酵後は身体に湿疹が出来ることも少なくありません。

初めは強く出て、酵素浴を繰り返すうちに反応は弱くなってくる傾向があります。

それは身体が改善に向かって変化している証拠です。

自分自身の身体の変化を注視しながら、定期的に酵素浴に入り、内面から健康な身体作りをしていきましょう!