NEWS

お知らせ

2022年07月15日

妊活中にお風呂に入る時のポイントと注意点とは??酵素風呂もオススメです!

妊活をする上で最も重要なことは
「冷えは万病のもと」と言われているように、体を冷やすことは大敵とされていて、
今妊活だけでなく、健康に良い体を温める活動
” 温活”が話題となっています。
全身を温めることができるお風呂は効果的です。

妊活中のお風呂は「高すぎる温度」「長時間の入浴」は避けるようにしましょう!

 

妊活中に湯舟に浸かる際には「高すぎる温度」と「長時間の入浴」は避けるようにしましょう

 

寒い冬の時期は特にじっくりと体を芯から温めることができるので、冬場は熱めのお湯に浸かる方もおられるのではないかと思います。 
熱いお湯に入ることで体の中から温まるような気もしますが、実際には温まるのは体の表面だけなので、
身体の芯からしっかり温めたい子宮や卵巣など内臓は冷えたままの状態では 妊活に悪影響を及ぼしてしまいます。
そして、熱いお湯は自律神経の「 交感神経」が活発になりすぎて、興奮状態になりやすい状態になるんです。
逆に39~40度のぬるめのお湯は副交感神経が優位になり、筋肉もゆるんで身体が リラックス状態になり、妊娠の大敵でもある冷えやストレスを少しずつ解消することができるのでお湯は「ぬるめ」をオススメします。
また、半身浴よりも全身浴のほうが 血流がUPし、体の芯からあたたまることができ、子宮や卵巣への栄養補給がスムーズになって、卵子の健康維持に繋がります。
妊活中は、肩まで浸かれるくらいたっぷりのお湯を入れましょう。そして長時間入らないように気を付けましょう。
長い時間の入浴は思っている以上に体力を奪いますし、 疲れを感じやすくなったり、 のぼせたりと、特に妊活中の方には体調に悪影響を及ぼしかねないので、30分以上は湯船に浸からないようにしましょう。

 

妊活中には長時間湯船に浸かるのは避けましょう

◆妊活中の正しい入浴方法◆

 

長時間お湯に浸かることなく体をしっかりと温めるためにも正しい入浴法を知りましょう!

 

まず、入浴する前にコップ1杯の水を飲み、事前に 水分補給をしておきましょう。(脱水症状やのぼせ防止にも繋がります)

 

湯船のお湯の温度は39度から40度ほどに設定します。

 

そして、初めの5分ほどは肩まで浸かって全身を温めます。

 

寒さを感じなくなったら、次は胸の高さまで上がり20分ほどゆっくり浸かりましょう。

 

また、入浴中にのぼせそうになったり喉が乾いたりしたら、こまめに水分補給をしましょう。

 

妊活中に湯船に浸かる際にはこまめな水分補給を摂るようにしましょう
妊活中にお風呂に入れない時は足湯をしてもOK!!
生理中や体調が悪い時はお風呂にはいることが難しく、シャワーで済ませる方もおられる方もおられるかと思いますが、それでは身体の芯から温まることはできません。
そんな時は足湯がオススメです!お手軽にできるのも魅力です!足湯で全身を温めましょう。
足は全身に血流を送る役割もしているため、足首から下を温めるだけで温まった血液を全身に巡らせることができるんですよ。
自宅でできる足湯の方法とは??
少し熱めのお湯を洗面器に張り20分~30分ほどゆっくりと足を浸けて温めるだけです。足湯は日中に冷えを感じた時にも手軽にできるのでオススメです。体を温めることは妊活には重要な事ですし、
体を リラックス状態にして、身体の芯からしっかりと温めることで、妊娠しやすいカラダづくりに役立ちます。ぜひ、リラックスしながら体を温めるようにしましょう。
妊活中は特にお風呂をシャワーで済ませずに湯舟しっかり全身まで浸かることはとても大切な事です。
湯船につかると体をしっかり温められることで血液が全身に行き渡れば、体の隅々まで酸素と栄養素を届けることができます。
体のあらゆる細胞を元気にさせ、 免疫力アップに繋げるためには、毎日入浴して全身の細胞を活性化しましょう!
妊活中に湯船に浸かれない時には足湯がオススメです

温活とは??

 

温活とは身体を温め基礎代謝を上げて身体の不調を改善させることです。

 

体温が低下すると血流が悪化し、卵巣への血流量も減ることで、卵巣機能に影響を及ぼす可能性があるのです。

 

卵巣機能が低下すれば、排卵しにくくなったり質の良い卵子を育てることができなくなったりなどのリスクあります。

 

またストレスを強く感じることでホルモンバランスが乱れ、血流が悪くなると身体が冷えてしまうため

 

妊活には身体を温める温活は効果的です。

 

温活について専門的な知識を身につけられる温活士という資格があるのはご存知でしょうか?

 

温活士とは幅広い温活に関する知識と技術を学び身につけた専門家のことで、 一般社団法人日本温活協会に認定されています。

 

酵素風呂ともしびのオーナーが温活士の資格を取得しており、温活を通してお客様の不安やお悩みについてもアドバイスさせていただきたいと思っておりますので

 

お気軽にご相談くださいね!

 

たくさんの方々に”温活”の大切さを知っていただきたいです。

 

温活の知識を得ることにより身体の冷えや体の様々な不調を取り除き、ダイエットにも取り入れることができます。

 

毎日の生活の中に温活を取り入れて妊活はもちろん心身ともに健康を目指しましょう!!

 

妊活で湯船に浸かってあたためて温活しましょう。

妊活中の方やお考え中の方は酵素風呂もオススメです!!
妊活中には湯船に浸かることも大事ですが、酵素風呂もオススメです
妊活中にお風呂に浸かって全身をあたためることは大事な事ですが、
今話題になっている 酵素風呂は全身を温める以外にも 美肌効果 リラクゼーション効果 ダイエット効果など妊活中には嬉しい様々な症状の改善効果がありますので、
心身ともに健康でいることは妊活中の方やこれから考えられている方にも大事な事なので、酵素風呂もオススメです!
妊活中には湯船に浸かることは大事ですが、酵素風呂もオススメです

ともしびの酵素風呂は 米ぬか100%なので肌触りがとても良く、米ぬかに含まれている天然成分には、肌の汚れを落とす洗浄成分や、皮膚の水分量を保つ成分が含まれています。

 

また酵素風呂は30種類以上の ミネラルを豊富に含まれているので、妊活に必要な栄養素も直接身体に吸収できとても効率的です。

 

酵素風呂では空気を含んでいる米ぬかなどのパウダーに入るため皮膚呼吸を妨げることがありません。

 

体に負担をかけず効果的に熱を体内に取り入れられ、身体の芯から温めることができます。

 

当店の酵素風呂は、発酵させ、50〜70℃に保った米ぬかに浸かることで 発汗を促します。

 

天然由来の優しい熱なので、 サウナなどのように 息苦しさを感じにくく、じっくり発汗できます。

 

水分を含む量が低いので皮膚がふやけてしまうこともありませんし、発酵熱によって適温でゆっくりと温めるため、

 

入浴後の温熱効果が長く持続するといわれますし、 代謝がUPすることで美肌以外にも 免疫力の向上や様々な症状の改善、老廃物の デトックス効果、リラクゼーション効果など妊活しやすい体づくりをサポートする働きを持っています。

 

妊活には湯船に浸かることも大事ですが、酵素風呂で心身ともに健康になりましょう

 

妊活以外にも様々な効果を発揮してくれるので、健康のためにも日中は酵素風呂、夜は湯舟にゆっくり浸かる習慣づくりを取り入れてみてはいかがでしょうか?

自身の体と心を思いやることが、妊活にとって重要なポイントです。

酵素風呂はそんな体と心を癒やしながら、健康を維持することもできるのも魅力です★

 

酵素風呂で極上の癒し空間を体験してみてください。

 

ともしびでは、ご家族や カップル、お仲間と気兼ねなくご利用いただけるよう、2名様でおひとりずつお入りいただける完全個室の貸切酵素風呂でございます。

 

妊活をしている方へ、またこれからお考えの方にはぜひ、 酵素風呂ともしびを知っていただけると嬉しいです。 

 

 

妊活には湯船に浸かることも大事ですが、酵素風呂で健康を維持しましょう。

 

 

 

ご予約はこちら👇

予約カレンダー📅

体質改善をして
肌の悩みや、さまざまな病気を克服したい方はこちら👇

 

店舗情報はこちら👇

米ぬか100%ミネラル酵素風呂ともしび

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山255番地グランバレー1F
★お店の地図はコチラをご覧くださいGoogleマップ
TEL :072-976-5377
営業時間/9:00〜19:00
mail:tomoshibi.kosoburo@gmail.com

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね♪  

 

関連記事はこちら👇

妊活にも酵素風呂が効果的ってホント?!

妊活中に酵素風呂へ入るタイミングはいつがいいの??

妊活中の方へ!酵素風呂で温活がオススメです♪

妊活中のよもぎ蒸しはいつがベストタイミングなの?!酵素風呂もオススメです!

酵素風呂の効果とは

カップルでも酵素風呂は入れるの??

関西でカップルで入れる酵素風呂

大阪でカップルで入れる酵素風呂

男性でも利用可能な店舗で酵素風呂に入り健康的な体づくり!

極上のくつろぎを感じるほっこりふわふわの酵素風呂とは

酵素風呂とサウナの違いとは

酵素風呂に入る頻度はどれくらいなの??

酵素風呂と砂風呂の違いとは??

妊活や温活中におすすめ!”飲み物で冷えを改善!